pianopaletteーblog
日々のこと色々

映画「君の名は」                 


娘に誘われ何気なく観に行ったのですが
一生ものの映画になりました
ストーリーも、主人公はじめ登場人物の描き方も、絵も、そして音楽も
全て素晴らしかったです。
: 本 絵 映画  催事 : comments(0) : - : posted by popri :
酷暑には読書                 


まだまだ暑くとても外に出る気にならず
今日も読書日和。

パウル バドゥーラ スコダ著
「バッハ演奏法と解釈」 内容が濃く、いつ読んでも感嘆の連続です。
自分のレパートリーや、知っている作品について、
ゆっくり検証しながら読み進めていっています。

知識として知っていたり
一応正しく弾けたとしても
それを有機的に自然に表現できるようになるには
どうしたら良いのだろう、と思います。
: 本 絵 映画  催事 : comments(0) : - : posted by popri :
大石順一「カフェの器展」2月8日〜                 




有田在住の陶芸家、大石順一さんの作品展「カフェの器展」が

今週末開催されます。



2月8日(土)〜11日(火) 11:00〜18:00

風の森まなびのギャラリー(長与町まなび野2−1−4カフェ・ド・ジーノ)



大石さんは各地で活躍されている人気の高い陶芸家ですが、

昨年ブログに載せていたルーのアイシングクッキーをご覧になって

なんと「ポットにイラストを描いてみない?」とお声をかけてくださったのです。



えーっそんなおそれ多い、、、大丈夫なの?

という親の心配をよそに、

本人、はまって彫っていました。

iPhoneImage.png



そして今回の作品展にその3個のポットが並ぶのだそうです。



土曜は仕事で行けないので、日曜に、ドキドキしながら訪ねて見ようと思います。。。





: 本 絵 映画  催事 : comments(2) : - : posted by popri :
身体のなりたち                 

「ピアニストならだれでも知っておきたいからだのこと」

http://www.shunjusha.co.jp/detail/isbn/978-4-393-93505-7/


日頃練習する時、すぐ手に取れるところにおいているのが
この本です。前から持っている本ですが、この頃
アレクサンダー・テクニークの本をいろいろ読むうち
灯台下暗し、この本のことを再認識。
この本の監訳者である小野ひとみさんは
アレクサンダー・テクニークについての本も書いていらっしゃいます。

「腕は胴体にくっついているところから始まるいうイメージは間違っているのですね。
鎖骨からが「腕」なのです。

身体のなりたちを正しく知ったら、ピアノを弾く感覚が根本的に変わってきました。
まだまたこれからも変わって行きそうです。出来なさそうと感じでいたことも、そのうち出来そうと、自信が持てることが増えてきました。
自分が暖かい気体になったような感じです。

今欲しいのは

骨格の模型!(小さいので良いので)
レッスン室に置いてたら生徒さん、引いちゃうかな〜〜
: 本 絵 映画  催事 : comments(2) : - : posted by popri :
ショパンの響きと書簡集                 

昨年、ブリックホール内レストランヴィンテージにて
フレデリックショパンの夕べ〜ジョルジュ・サンドのレシピによる料理とともに〜を行った時は、ショパンに関するたくさんの本を読みましたが、その中で特にワクワクしたのがこの本です。お正月からまたと読んでいます。
ある曲、あるフレーズ、ある和声に、ショパンがなにを意識し、目指し、試みようとしたかなど、たくさんの資料を伴って解説してあります。出典が明らかなのでありがたい限り。



そしてこれは、その時自分へのお祝いに買いました。( ^∀^)/1万八千円!
1816年から1831年にかけてのショパンの全書簡集。ショパンが20歳になるまでのポーランド時代のものです。ショパンは後年は病気がちでしたが、この時代の手紙を読むと、バラ色の頬をしたほがらかな少年ショパンの魂に会えます。ショパンが5歳の時父親に贈った詩から始まりますが、注釈によってその事情や時代背景などを知ることができますので、じっくりと楽しめます。
今後これ以降の時代のものが出るのを楽しみにしています。ジョルジュ・サンドに宛てた手紙ほぼ彼女が破棄してしまっているのですが、、。

: 本 絵 映画  催事 : comments(0) : - : posted by popri :
明日3日「長崎千夜一夜」がニュースエヴリィに                 
松尾順造写真集「長崎千夜一夜」

明日18時15分からの

NIBテレビニュースエブリィ で

取り上げられます。

順造さんも出演。

みなさま、どうぞご覧くださいませ(*^^*)

http://jar-labo.jugem.jp/?eid=551



お近くの書店で、またはアマゾン、長崎文献社のHPからも

お求めいただけます。1200円(税別)です。

長崎文献社http://www.e-bunken.com/

 
: 本 絵 映画  催事 : comments(0) : - : posted by popri :
長崎千夜一夜                 
松尾順造写真集「長崎千夜一夜」
が発売されました。
http://jar-labo.jugem.jp/?eid=551


情緒ある長崎の夜景が詰まった
宝石箱みたいな本にできあがっていて
とても嬉しいです。

お近くの書店で、または長崎文献社のHPからも
お求めいただけます。1200円(税別)です。
長崎文献社http://www.e-bunken.com/
 
皆様どうぞよろしくお願いいたします。
: 本 絵 映画  催事 : comments(4) : - : posted by popri :
娘の誕生日に知った画家                 
9月1日、娘の誕生日の朝
なにげなしにテレビをつけていたら
日曜美術館(再放送)で
神田日勝 という画家の番組をやっていました。

あまりに感銘を受けたので
検索してみたら北海道に
美術館があると知りました。
いつか行ってみたいです。
きっと行けるような気がします。

画集を注文しました。

9月になったとたん
陽射しの中、
秋の空気がひっそりと心地よく感じられます。

ピアノの音にも耳を澄ませて
曲の中に
深く、深く心を含ませていけるといいな。

: 本 絵 映画  催事 : comments(0) : - : posted by popri :
いい夢                 
 
ボールを噛みながらいつしか眠った菜々。
今夜はこのボールを追って駆けまわる夢を見てるかな。

樺島町にある草ぼうぼうのちっちゃな原っぱにあるシーソーのところを
先日ひさしぶりに通りました。

昔、ルーが3歳くらいのころ、一緒にのって遊んだシーソー。
シーソーの綴りはseesaw
板の端っこに二人で乗ってカッタンコットン。
あの日私たち親子は代わる代わるに何を見て、何を見た?


樺島町のタイピント画廊で開催されていた
さとうみゆさんの個展を観ました。
さとうさんご本人ともお話が出来て大変有意義な時間でした。
ひとつの絵の中に様々な時間があって
宇宙のような拡がりを感じました。
テーマは「時空」とのお話をお聞きし、納得でした。

今ブログを書きながら再び考えてみると
具象も抽象も突き詰めると、同じものなのでは
という気がしています。

: 本 絵 映画  催事 : comments(2) : - : posted by popri :
梅の香                 
12-03-02_001.jpg

庭の梅の木に、一輪、また一輪と花が咲くごとに
寒さがゆるんできているようです。


やっと寒い冬が去っていくのを
ほっと見送る気分です。でも、まだ3月初旬だし
去ると見せてもどってくる?

昨日は長崎県新演奏家協会創立30周年記念コンサートを
聴きにブリックホール国際会議場へ行きました。
出演された4人のピアニストは友人知人でしたので
心の中で応援しながら、演奏を楽しませてもらいました。
メンデルスゾーン、シューマン、ブラームス、プロコフィエフ等
ロマン派から近現代の作品で、華やかでエネルギッシュな演奏でした。

: 本 絵 映画  催事 : comments(0) : - : posted by popri :
: 1/4 : >>