無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ショパンの響きと書簡集
0

    昨年、ブリックホール内レストランヴィンテージにて
    フレデリックショパンの夕べ〜ジョルジュ・サンドのレシピによる料理とともに〜を行った時は、ショパンに関するたくさんの本を読みましたが、その中で特にワクワクしたのがこの本です。お正月からまたと読んでいます。
    ある曲、あるフレーズ、ある和声に、ショパンがなにを意識し、目指し、試みようとしたかなど、たくさんの資料を伴って解説してあります。出典が明らかなのでありがたい限り。



    そしてこれは、その時自分へのお祝いに買いました。( ^∀^)/1万八千円!
    1816年から1831年にかけてのショパンの全書簡集。ショパンが20歳になるまでのポーランド時代のものです。ショパンは後年は病気がちでしたが、この時代の手紙を読むと、バラ色の頬をしたほがらかな少年ショパンの魂に会えます。ショパンが5歳の時父親に贈った詩から始まりますが、注釈によってその事情や時代背景などを知ることができますので、じっくりと楽しめます。
    今後これ以降の時代のものが出るのを楽しみにしています。ジョルジュ・サンドに宛てた手紙ほぼ彼女が破棄してしまっているのですが、、。

    | poprin | 本 絵 映画  催事 | comments(0) | - | - | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: