無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
身体のなりたち
0

    「ピアニストならだれでも知っておきたいからだのこと」

    http://www.shunjusha.co.jp/detail/isbn/978-4-393-93505-7/


    日頃練習する時、すぐ手に取れるところにおいているのが
    この本です。前から持っている本ですが、この頃
    アレクサンダー・テクニークの本をいろいろ読むうち
    灯台下暗し、この本のことを再認識。
    この本の監訳者である小野ひとみさんは
    アレクサンダー・テクニークについての本も書いていらっしゃいます。

    「腕は胴体にくっついているところから始まるいうイメージは間違っているのですね。
    鎖骨からが「腕」なのです。

    身体のなりたちを正しく知ったら、ピアノを弾く感覚が根本的に変わってきました。
    まだまたこれからも変わって行きそうです。出来なさそうと感じでいたことも、そのうち出来そうと、自信が持てることが増えてきました。
    自分が暖かい気体になったような感じです。

    今欲しいのは

    骨格の模型!(小さいので良いので)
    レッスン室に置いてたら生徒さん、引いちゃうかな〜〜
    | poprin | 本 絵 映画  催事 | comments(2) | - | - | - |
    Comment
    2014/01/30 9:40 PM posted by: まのじ
    ひょえ!
    演奏中、ポプリさんのホネが透けて見えたら、どうしよう〜〜。
    2014/01/30 10:21 PM posted by: ポプリ
    まのじさん 身体って不思議ですごいすよね。骨マニアになりそうです。
    name:
    email:
    url:
    comments: