無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
波佐見、瑞幸窯
0


    紫陽花の絵柄の1個のカップ、
    色違い、柄違いがきっとあるはず、、ほしいなあと
    思いながら、はや2年(くらい)
    昨日波佐見町、瑞幸窯をお訪ねし
    念願かない、このとおり。


    jar氏の桜撮影にカップを持って同行。
    文化の陶「四季舎」さんでお弁当を買った時
    カップを見ていただくと「瑞幸窯さんでしょう」
    と、場所も教えて下さいました。

    瑞幸窯のギャラリーで奥様とお話もできました。
    ご主人がろくろを廻し、お父様が色を、お母様が絵付けをと
    ご家族力の創意工夫を合わせて器を作っていらっしゃるということでした。
    ひとつひとつに真心が込められた器。
    だから私はこのカップのことがずっと好きだったんだなあと思います。
    | poprin | かわいい物 | comments(0) | - | - | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: