静けさとともに

  • 2008.02.02 Saturday
  • 22:01
ドイツの列車は、発車時刻になるとすうっと動き出す。
まるでライオンか何かが、のっそりと動くように。
静かに動き出し、スピードをあげていく列車に乗っていると、
旅していることが、いかにも時に乗って動いていくことと感じられた。

騒々しいベルの音も無ければ、
「白線の内側にお下がり下さい」なんていう大声のアナウンスもない。
自分の責任において好きにすれば、それでよいのだ。

駅には静けさと、ただ人の声のざわめきがあった。
大きな大きなフランクフルト中央駅も、
小さな停車場といった感じのレーアウの駅も、
黄色の大きな落ち葉が駅前広場の車の上に雪のように積もっていたホーフの駅も、
どの駅もとても印象深かった。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM